東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会ブログ

本研究会は、沖縄と日本本土を含む東アジア地域における平和の実現と人権の確立のために東アジア共同体構想を深め、日米両国政府によって翻弄され続けてきた沖縄の独立を含む自己決定権のあり方を多角的視点によって研究することを目的としています。本サイトは、正式のホームページが開設するまでの暫定版で、研究会の案内および入会案内などを発信してまいります。east.asian.community.okinawa★gmail.com(★を@に変えてください))

第7回公開シンポジウム「東アジア地域の平和・共生を沖縄から問う!」(沖縄開催)【2017年9月9日】

第7回公開シンポジウム「東アジア地域の平和・共生を沖縄から問う!」

東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会」は設立一周年を記念し、下記のような形で第7回公開シンポジウムを開催します。共通テーマは、「東アジア地域の平和・共生を沖縄から問う!」です。多くの皆様方のご参加をお待ちしています。

 

PDF版のチラシは以下からダウンロードしてください。

第7回公開シンポ・チラシ(設立1周年記念、琉球大学)-1.pdf - Google ドライブ

◆期日 2017年99日()13:30~17:30(開場13:00)

◆会場 琉球大学法文学部新棟215教室

◆参加費 非会員のみ300円(資料代として)※事前申し込みは不要です

◆プログラム

(共同代表からの開会の挨拶)13:30~13:40

挨 拶:高良鉄美(琉球大学

    司会者:木村 朗(鹿児島大学

Ⅰ 大田昌秀先生の追悼の辞と運動現場からの報告(13:40~14:20)各20分

糸数慶子先生(衆議院議員)「大田議員の遺志を継承する」

・野平晋作氏(ピースボート共同代表)「本土と沖縄をつなぐ運動への取り組み」

 

Ⅱ 記念講演および基調報告(14:20~15:00)

【記念講演】40分

・鳩山友紀夫先生(元内閣総理大臣東アジア共同体研究所理事長)

「東アジア不戦共同体と沖縄」

 

休 憩(10分)

 

【基調報告】(15:10~16:00)各25分

・林泉忠先生(台湾・中国研究院近代史センター副研究員)

「沖縄のコア・バリューと東アジアの平和」

 

・姜 克実先生(岡山大学

石橋湛山小日本主義

 

Ⅲ パネルディスカッションおよび質疑討論(16:00~17:20)

・2部の3人の報告者に上里賢一先生(琉球大学名誉教授)を加えてのパネルディスカッション

・フロアの参加者を交えての質疑討論

 

Ⅳ 閉会の挨拶(17:10~17:30)

島袋 純(琉球大学

※ 懇親会会場:琉球大学生協中央食堂  参加費:2000円

 

[お問い合わせ先]ご不明な点等がございましたら以下までお願いいたします。

池上大祐(事務局・琉球大学) 098-895-8296(研究室直通)、dikegami@ll.u-ryukyu.ac.jp

または木村朗(鹿児島大学)090-2856-0955、kimura@leh.kagoshima-u.ac.jp