東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会ブログ

本研究会は、沖縄と日本本土を含む東アジア地域における平和の実現と人権の確立のために東アジア共同体構想を深め、日米両国政府によって翻弄され続けてきた沖縄の独立を含む自己決定権のあり方を多角的視点によって研究することを目的としています。本サイトは、正式のホームページが開設するまでの暫定版で、研究会の案内および入会案内などを発信してまいります。east.asian.community.okinawa★gmail.com(★を@に変えてください))

東アジア共同体沖縄・琉球研究会 2021 年度大会(第22回公開シンポジウム)

東アジア共同体沖縄・琉球研究会 2021 年度大会(第22回公開シンポジウム)のご案内  

 

開催日:2021年11月20日(土) 13:00~16:00過ぎ 
開催方法: ZOOM によるオンライン開催(対面による開催は中止)

  • 会員のみなさまには Zoom の URL、パスワードを前日までにご案内いたします。
  • 会員のみなさまは、事前の参加申し込みは不要です。 

〈非会員の方へ〉

  • 非会員の方には、事前申し込みフォーム(受付期間 11 月 18 日まで)にて参加申し込みをお願いいたします。
  • 事前申し込みいただいた方には前日までに Zoom の URL、パスワードをご案内いたします。
  • 非会員用事前申し込みフォームについては、こちらをクリックしてください。
  • 今回はオンラインという特性上、配布資料を印刷する必要がないため、資料代はいただきません。 

 

<プログラム>

13:00~ 
開会挨拶:木村 朗(東アジア共同体沖縄・琉球研究会共同代表) 
 
13:10~14:40 第一部 日本の植民地主義を問う 
司会者:与那覇恵子(元名桜大学教員) 
報告者:宮城恵美子(元琉球大学教員・元那覇市議) 
    「現在の沖縄、日本、米国の関係」 
   :具志堅隆松(「ガマフヤー」代表) 
    「辺野古新基地建設と戦没者遺骨を含む土砂採掘問題」 
討論者:松島泰勝東アジア共同体沖縄・琉球研究会共同副代表) 
(質疑) 

 

14:50~16:20ごろ 第ニ部 戦前の軍事優先体制への逆行の危うさ 
司会者:木村 朗(東アジア共同体沖縄・琉球研究会共同代表) 
報告者:山城博治(沖縄平和運動センター議長) 
    「南西諸島防衛と進む日米軍事一体化~沖縄を戦場にさせるな!」 
   :仲松正人(弁護士) 
    「国民監視と戦争のできる国づくり」 
討論者:西原和久(名古屋大学名誉教授) 
(質疑) 

 

16:20ごろ~ 
閉会挨拶:前田 朗(東アジア共同体沖縄・琉球研究会共同副代表) 

 

 

【問い合わせ先】 
木村朗 090-2856-0955   k6813082@kadai.jp 
事務局(琉大、池上)   east.asian.community.okinawa@gmail.com